スポンサードリンク

アトピーとビオチン

ビオチンを摂ることは、アトピー性皮膚炎に対してある程度有効のようです。アトピー性皮膚炎の方は、健康な人より血中のビオチン濃度の低い傾向にあることがわかったんです。


ビオチンは、水溶性のビタミンです。ドイツでキャベツからビタミンHとして発見され、後におなじドイツで卵の黄身からビオチンとして取り出されたものです。そして、いまでは、ビタミンB7として分類されているようです。ビオチンは3つの名前を持っているビタミンといえるようです。


ビオチンは、たんぱく質の生成に関係していることで、皮膚を作る細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保つ働きがあります。ですから、皮膚の疾患であるアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の補助治療にビオチンが使われているんです。さらに抗炎症物質を生成する事でアレルギー症状を緩和する作用があります。


ビオチンは、酵素の働きを助ける補酵素です。酵素はからだに取り入れた栄養などをエネルギーなどに変換する代謝という働きをします。ビオチンは糖代謝、脂肪酸代謝、そしてアミノ酸代謝にかかわる酵素の補酵素として働きます。


ビオチンは皮膚の炎症の元となるヒスタミンを排泄する作用があり、ビオチン濃度の低下によって排泄が充分できなくなり炎症が進行することになります。ビオチンは糖代謝に関わっているために、ビオチンの濃度が低下するとブドウ糖が代謝障害を起こし、皮膚の成分であるコラーゲンが充分作れなくなります。


脂肪酸が代謝されることで、皮膚の構造や機能を正常に保つことができるんですが、ビオチンの濃度低下で、脂肪酸の代謝障害を起こし皮膚を正常に保てなくなります。さらに、ビオチンの濃度が低下することによって、アミノ酸が代謝障害を起こし、皮膚作りや免疫機能に悪影響を与えます。


多く含むものとしては、キャベツ、ほうれん草、肉、レバー、牛乳、卵、枝豆、大根、たけのこ、ツクシ、などです。健康は人の場合、1日に必要な量は、0.03ミリグラム、ピーナッツ10粒ぐらいです。過剰に摂取しても副作用などの報告はないようです。


ビオチン サプリ 最新一覧 By 楽天


アトピーとビタミンD / アトピーとナイアシン / アトピーとビオチン

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。