スポンサードリンク

ビヒダスBB536

ビヒダスBB536がアトピー性皮膚炎に効果があるようです。ビヒダスBB536は、ビフィズス菌BB536を配合している森永乳業株式会社のヨーグルトです。ビフィズス菌BB536(ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536:Bifidobacterium longum BB536)は、健康なヒトの腸管から発見されたビフィズス菌で、整腸や感染防御などの機能をもちます。



ビフィズス菌は、善玉菌といわれ、これを増やすことで腸内菌叢を改善し、いわゆる悪玉菌を減少させる作用があります。悪玉菌には、カンジタ菌などの体調が悪いときなどに病変を起こす日和見感染の原因となるものがあり、これらが、アトピーの原因ともなるといわれています。



ビヒダスBB536によって、ビフィズス菌BB536を摂ることは、悪玉菌を減少させアトピー性皮膚炎に効果があるといえます。また、ビフィズス菌BB536は、Th1細胞を活性化させTh2細胞の働きを抑制することが知られています。



アトピーが発症するのは、Th1とTh2のバランスがくずれてTh2細胞が優位な状態になり抗体を過剰に生産してしまうことが原因のひとつと考えられています。



Th1とTh2というのは、T細胞(T cell、T lymphocyte)というリンパ球の一種のヘルパーT細胞のことです。Th1という細胞はキラーT細胞やマクロファージに作用してそれを活性化して、細胞の活性を増強させる作用があります。 Th2は、B細胞や抗原提示細胞と協力して抗体生産を行ないます。



ビヒダスBB536によって、ビフィズス菌BB536を摂ることは、腸内菌叢を改善し、悪玉菌を減少させる作用とともに、Th2細胞の働きを抑制し、Th1とTh2のバランスを改善することで免疫応答性を改善する作用があることでアトピー性皮膚炎の症状改善に効果があると考えられています。



アトピー性皮膚炎に効果があるとされるヨーグルトなどでは、多くが乳酸菌が主役ですが、ビフィズス菌をメーンにしたものはめずらしいといえます。



腸内菌叢を改善するには、ビヒダスBB536ヨーグルトを2週間食べ続けるだけでいいようですが、Th1とTh2のバランスを改善するには、8週間〜12週間の摂取が必要なようです。

ビヒダスBB536 最新一覧 By 楽天



L-92乳酸菌とアトピー / ビヒダスBB536 / LGG菌 / ビフィズス菌Bb-12 / アシドフィルス菌 / カルピスの「アレルケア」 / ヤクルト ノアレ

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。