スポンサードリンク

LGG菌

LGG菌は、アトピー性皮膚炎の症状緩和に効果がある乳酸菌のひとつといわれています。LGG菌は、アメリカのゴルバッハとゴルディンという2人の教授によって1985年に発見されたことから、LGG菌の正式名称「ラクトバチルス・ラムノーサス・GG」(Lactobacillus rhamnosus GG)の「GG」は、この二人の頭文字から付けられたものです。



LGG菌は、アトピー性皮膚炎の症状緩和に効果があるとされていて、胃酸や胆汁酸に負けることなく腸まで生きて届き、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして、腸内バランスをしっかりと整えてくれます。



最近、腸内環境が、親子間で受け継がれるもののひとつに考えられています。フィンランドの研究では、生後3ヵ月になる赤ちゃんの約75%がお母さんと同じ種類のビフィズス菌を受け継いでいたことが報告されています。つまり、赤ちゃんはお母さんの腸内細菌を受け継いでいることが分かったのです。



LGG菌入りのカプセルを本人または家族にアトピー症状の履歴のある妊婦さんを対象にして、出産予定日2〜4週間前から、出産後も6ヶ月間にかけてLGG菌を摂取し、新生児が2歳になるまでアトピー発症状況を観察するという臨床試験が実施されています。



その結果、LGG菌を摂取した妊婦さんから生まれた子どものアトピー発症率が23%(15人/64人)であったのに対し、LGG菌が入っていないカプセルを摂取したグループでは46%(31人/68人)という結果が得られたと報告されています。



つまり、妊婦が出産前後にLGG菌を摂取することで新生児のアトピーの発症率が半分に抑えられたと報告されています。



LGG菌はアトピーの予防効果だけでなく、下痢、インフルエンザ、風邪などの予防、とさまざまな研究成果が世界中で発表されていて、試験管レベルの試験では、LGG菌はヒトの腸由来の細胞表面に付着することが知られています。そして、世界40カ国でLGG菌を用いた商品が販売されています。



日本では、製品には、タカナシドリンクヨーグルト「おなかへGG!」とタカナシヨーグルト「おなかへGG!」があります。

LGG菌 最新一覧 By 楽天



L-92乳酸菌とアトピー / ビヒダスBB536 / LGG菌 / ビフィズス菌Bb-12 / アシドフィルス菌 / カルピスの「アレルケア」 / ヤクルト ノアレ
| LGG菌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。