スポンサードリンク

アトピーとペリオスチン

アトピー性皮膚炎が慢性化するのは、たんぱく質「ペリオスチン」(periostin)が関与していると出原賢治佐賀大教授らの研究チームが発表しています。



研究チームによると、ダニなどアレルギーを引き起こす物質が皮膚に入ると免疫反応が起こり、この刺激でたんぱく質「ペリオスチン」が大量に生成されます。



ペリオスチンは、このときインテグリン(integrin)と呼ばれる別のタンパク質と結びつくことで、かゆみの情報伝達が暴走し、炎症を増幅させる悪循環を引き起こすことで、アトピー性皮膚炎が慢性化すると報告しています。



ペリオスチンは、細胞外マトリクス構成タンパクの一つで、インテグリンは、主に細胞外マトリックスからの情報伝達に関与する細胞表面タンパク質のひとつで、細胞外マトリックスへの細胞接着をする細胞接着分子です。



マウスを使った実験では、ぺリオスチンの作用を抑える物質をマウスに投与すると、アトピー性皮膚炎が抑えられることが実証されたと報告されています。



ペリオスチンは1999年、東京工業大の工藤明教授(細胞生物学)によって発見された成分です。骨の再生に関係すると考えられていて、急性心筋梗塞(こうそく)後の心筋の修復に重要な役割を果たしていることや、がんの増殖抑制にもかかわっていると考えられている成分です。



したがって、ペリオスチンは、体内ではなくてはならない成分ですが、アトピー性皮膚炎では、作用の抑制が効果があるようです。



研究チームは今後1〜2年かけてペリオスチンの作用を抑制する抗体を開発し、副作用が少ない治療薬を作りたいとしています。

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。