スポンサードリンク

ゴマとアトピー

ゴマがアトピー性皮膚炎の症状緩和に効果があるといわれています。ゴマには、セサミンや、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB、カルシウムやセレンを豊富に含み、オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸、その他飽和脂肪酸としてはパルミチン酸、ステアリン酸などを含んでいます。



セサミンにはアラキドン酸の生成を阻害する働きがあることがわかっています。アラキドン酸という脂肪酸は体の機能を保つためにかかせないものです。しかし、過剰なアラキドン酸は、アトピー性皮膚炎の原因物質のひとつとされているロイコトリエンの原料となります。



またビタミンEの1種α―トコフェロールはアラキドン酸の代謝に作用して、アトピー性皮膚炎に関係する物質が作られるのを阻害する働きがあることがわかっています。



自然界にはビタミンE活性を持つ物質が8 種類知られていますが、食品中に多く含まれるのは、α-トコフェロールとγ-トコフェロールです。ゴマはビタミンEの多い食品と言われていますが、実は、98%がγ-トコフェロールです。



しかし、ゴマを摂取すると皮膚・脂肪組織に存在しているα-トコフェロールの量がさらに増加することが知られています。



これは、ゴマとしてγ-トコフェロールを摂取するとα-トコフェロールと同等のビタミンE活性を示すことによるもので、それはセサミンなどのゴマリグナンとγ-トコフェロールとの相互作用によることが知られています。



そして、紫外線照射実験では、α-トコフェロールおよびゴマリグナンが照射傷害を軽減することが報告され、さらに、ゴマリグナンはビタミンEの代謝を抑制し、生体濃度を高めることが報告されています。



ゴマは、セサミンなどのゴマリグナンとγ-トコフェロールが含まれていることで、よりアレルギーに関係する物質の生成を抑えてくれます。またヒスタミンというアレルギー症状を起こす物質にもこの2つの物質は作用し、アトピー性皮膚炎の症状抑制に効果をもたらしてくれます。



ゴマは、固い皮で守られていることから、そのままでは消化されないまま排泄されてしまうことが多くより栄養を吸収するためには、すりごまか切りごまにして食べるのがよいとされています。

ゴマ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。