スポンサードリンク

アトピーとアスタキサンチン

アスタキサンチンがアトピー性皮膚炎の症状緩和に効果があるようです。アスタキサンチン (英:astaxanthin) は、β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、ヘマトコッカスなどの藻類に含まれる赤い色素のことです。



アスタキサンチンは、エビ・カニなど甲殻類、サケ・マスの身、タイの表皮などに含まれる赤い色素でもあることから、海のカロテンとも呼ばれますが、その抗酸化力は、β-カロテンの約10倍、ビタミンEの約100倍といわれています。



アスタキサンチンは、抗炎症作用があることも知られていて、ヒスタミンやサイトカインなどを、脂肪細胞やマクロファージなどから放出されるのを抑制する作用があるといわれています。



アトピーを発症する原因のひとつにサイトカイン (cytokine)やエイコサノイド (eicosanoid)、ヒスタミン (histamine)などが、脂肪細胞やマクロファージなどから放出されることで引き起こされるとされています。



サイトカインは、バランスが崩れるとアトピーなどのアレルギー症状を引き起こすとされる免疫細胞のTh1とTh2のバランスの制御にもかかわっていると考えられています。



アスタキサンチンは、サイトカインなどが、脂肪細胞やマクロファージなどから放出されるのを抑制する作用があり、さらに免疫細胞のTh1とTh2のバランスを正常にする作用をも期待できることでアトピーに効果があると考えられています。



さらに、アスタキサンチンは、COX-2を特異的に阻害する作用があると報告されています。COX-2は、プロスタグランジン (prostaglandin, PG) の生成に必要なシクロオキシナーゼ(Cyclooxygenase:COX)のひとつで炎症性サイトカインなどの刺激により発現する酵素です。



プロスタグランジン (prostaglandin, PG) は、アトピーの炎症を引き起こす直接の原因物質といえます。組織が損傷を受けた時、細胞膜にあるリン脂質はアラキドン酸に変わりますが、さらに、シクロオキシゲナーゼ(COX)の作用によってプロスタグランジンが生成され炎症を引き起こすんです。



シクロオキシナーゼ(Cyclooxygenase:COX)には、3種類があり、COX-1は、恒常的に体内にあって胃粘膜保護や利尿、血流の維持などの生理機能に関与していて、COX-2は、炎症性サイトカインなどの刺激により発現するとされています。



アスタキサンチンは、COX-1には影響を与えず、COX-2だけを特異的に阻害するため、体に本来必要な生理機能維持のためのPGの生成に影響を与ることなく、過剰なPGの生成を阻害することができることで副作用の心配がないといえます。



これらのことから、アスタキサンチンは、アトピー性皮膚炎の症状を軽減させる作用が期待されています。



しかしながら、アスタキサンチンのこれらアトピーについての効果は、即効性が期待できず、この作用が効果をあらわすには2ヶ月から3ヶ月の継続摂取が必要といわれています。



また、経口での摂取量は、成人の場合、アスタキサンチンフリー体換算で、1日あたり4mg〜500mgが目安との報告があります。

アスタキサンチン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。