スポンサードリンク

アトピーと乳酸菌

アトピーの対策には、アトピーとIgE抗体で述べたように、IgE抗体の暴走を抑制することが大切なことだと思われます。そのためには、腸内環境を良好に保つことが有効であると思われます。腸内環境を良好にするには、食物繊維と乳酸菌が大きな役割をしています。つまり、食物繊維と乳酸菌を毎日充分摂ることがアトピー対策には必要と思われるわけです。


食物繊維は腸内を掃除して排泄物とともに排泄されるために常に摂らなければなりません。食物繊維を摂ることはアトピーだけでなく今話題のメタボ対策にも効果があるとされています。ところが、今の日本人は他のアジアの国々の半分から三分の一程度の摂取量しかないといわれています。食物繊維を積極的に摂ることを心がけたいところです。



乳酸菌はヨーグルトなどで摂っても腸に生きたままたどり着くのはごく限られた種類といわれています。さらに、その乳酸菌も腸内に留まるのはせいぜい3日間ぐらいですぐに排泄されてしまうのでこれも毎日とる必要があるんです。ところが、東北大学院農学研究科の齋藤忠夫教授が人の血液型ごとに腸内に長期間とどまる乳酸菌があることを発見しました。



口から摂り入れた乳酸菌が腸内にとどまるには、腸管の表面に存在するムチンと呼ばれる物質(糖タンパク質)と結合することで可能になるとされています。そして、このムチンと乳酸菌の結合部分の構造が、ABO式の血液型別によって異なることがわかり、そのために、それぞれに適合する乳酸菌が異なるというのです。



齋藤教授は、それぞれの血液型と相性の良い乳酸菌を探しだす事にも成功しつつあるようです。つまり、A型の血液のヒトの特性をもつムチンに結合するA型乳酸菌、同様にB型の特性をもつムチンに結合するB型乳酸菌というように、それぞれの血液型と相性の良い乳酸菌を見つけ出したわけです。斉藤教授はこれを血液型乳酸菌と命名しています。そして、それぞれに相性のいい乳酸菌を摂取することで乳酸菌が長く腸内にとどまり、より高い整腸効果を得られると考えられ、アトピー対策に大いに効果を期待できると思われます。



あなたが今食べている乳酸菌との相性を知りたいのであれば、それは、一週間同じ乳酸菌を摂り続けて便の色を確認することです。便の色が、黒ずんでいなくて黄色に近い色ならばその乳酸菌は良く働いていて、あなたにあっているといえます。


おなかの調子を整える特定保健用食品 最新一覧 By 楽天




L-92乳酸菌とアトピー / ビヒダスBB536 / LGG菌 / ビフィズス菌Bb-12 / アシドフィルス菌 / カルピスの「アレルケア」 / ヤクルト ノアレ

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。