スポンサードリンク

ケルセチンとアトピー

ケルセチンがアトピーの原因とされるヒスタミンを抑制する作用があるといわれています。ケルセチンはフラボノイドの一種でたまねぎなどに含まれる黄色の色素です。アトピーとはIgE抗体が、寄生虫以外の、いわゆるアレルゲン物質といわれる様々な本来は健康に害をもたらさない物質に対して過剰に反応することで起こる症状です。



アトピーの様々な症状を引き起こすのはアレルゲンに反応して大量に作られたIgE抗体が脂肪細胞に結合することで、脂肪細胞内にヒスタミンを作り出すことを起源とします。そのヒスタミンが体内に流れ出ることでアトピーの様々な症状を引き起こすんです。



したがって、アトピー対策としてはIgE抗体をつくらないようにする事とIgE抗体が肥満細胞に結合しないようにすることでヒスタミンを作らないようにすることとが考えられます。ケルセチンは脂肪細胞がIgE抗体に対して過敏に反応しないようにする作用があるといわれています。したがって、ケルセチンを摂取することでIgE抗体が大量につくられても、脂肪細胞がそれに反応しないためにヒスタミンがつくられることがなくなることでアトピーの症状が起きないといわれています。



ケルセチンのヒスタミンを抑制する作用は高い永続性がありますが、これを得るには、ケルセチンを半年〜2年ほど摂取し続けることが必要とされていて、即効性は期待できないことが難点です。しかし、半年〜2年間のケルセチンの摂取によって体質が改善するために、以後は、ケルセチンの摂取を止めることができるとされている点は単なる対症療法とは異なるところです。なおケルセチンは脂溶性なため油分を含む食品と摂ることが望ましいようです。

ケルセチン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。