スポンサードリンク

ルイボスティーとアトピー

ルイボスティーがアトピー性皮膚炎に効果があるといわれています。ルイボス(rooibos)というのは、学名を「アスパラサス・リネアリス」という、南アフリカ共和国は西ケープ州のケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯のミネラル豊富な土壌にのみ自生する植物です。



ルイボスは、針状の葉を持つマメ科の植物で、古くから南アフリカの先住民に発酵茶の茶葉として利用されてきており、茶葉を発酵させると橙紅色になることから現地では「紅茶」と呼ばれ、植物自体の名前が「赤い灌木(ルイボス)」となったとされています。



ルイボスは、昼と夜の気温差が30℃以上にもなる厳しい自然環境で、大地のミネラルをたっぷりと吸収して、成長すると高さが1.5m、根は深く10mにもなります。ルイボスティーとするには、摘み取り、自然発酵させ、蒸気殺菌することで紅茶のような細かな茶葉のルイボス茶の茶葉の完成です。



ルイボス茶は、現地では rooibos tea もしくは bush tea の名で、また、イギリスでは redbush tea、South African red tea、red tea などの名で呼ばれているようです。ルイボスティーはカフェインを含まないのが特徴で、甘みがあり、タンニン濃度もごく低く、抗酸化作用があるとされています。



ルイボスティーには、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様物質の含有量が著しく高く含まれているとされています。その量はなんと緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍にも及ぶとの報告もあります。このSOD様物質は、人の健康に悪影響を及ぼす活性酸素(活性酸素は、からだの中の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質という悪玉物質をつくる)を消去する働きがあります。



ルイボスティーには、ケルセチンが含まれています。ケルセチンは、別名ビタミンPともいわれていて、フラボノイドの中でもフラボノールに分類されるポリフェノール化合物の一種で、ビタミンCの吸収を助ける役割があり、アトピー性皮膚炎の原因となるヒスタミンを抑制する作用があります。



ルイボスティーのこれらの成分がアトピー性皮膚炎に効果があると考えられています。ただし、ケルセチンの抗ヒスタミン効果を得るには長期の摂取が必要といわれています。

ルイボスティー 最新一覧 By 楽天



シジュウムとアトピー / ルイボスティーとアトピー / どくだみ / はと麦茶 / シモン茶 / タヒボ茶 / エキナセア

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。