スポンサードリンク

DHAとアトピー

DHA(ドコサヘキサエン酸)が、アトピー性皮膚炎の症状緩和に効果があるといわれています。岐阜大医学部小児科関連病院に通院しているアトピー性皮膚炎の男女児62名にDHAを投与した報告があります。



男女児は、女児33名、男児29名、年齢11±5.9才を対象としたもので、それぞれの体重に対してDHAを45mg/kg/dayの量を3ヶ月以上投与したものです。



その結果、DHA投与によってアトピー性皮膚炎は62例中改善傾向が50% (31例)、そのうち15%(9例)で明らかな改善が認められたと報告されています。



DHAの摂取量については、一般的には、アトピー性皮膚炎などの症状が進んでいて改善したいという場合は1日あたり2g前後。積極的な予防には1gくらい。また毎日の健康を維持していくというような場合は、0.5g(500mg)というような摂り方が推奨されています。



DHAは、不飽和脂肪酸のひとつで、魚油に多く含まれ、日本人は魚類を食べることによって多く摂取してきました。都会での平均的な日本人の魚の食べ方から、DHAの摂取量はだいたい400mg程度といわれています。



したがって、アトピー性皮膚炎の症状緩和には、DHAをサプリメントなどで摂取する必要があるといえます。



ちなみに、昔の日本人は魚を多食していたことで1日にDHAの量としては2gをはるかに超える量を摂っていたと考えられています。それでアトピー性皮膚炎や花粉症が少なく、老人性痴呆症や、癌が少なかったのではないかと考えられています。

DHA 最新一覧 By 楽天



DHAとEPA

DHAとEPA

DHAEPAは、アトピー性皮膚炎の改善効果が有るとされています。EPA(イコサペンタエン酸)とDHA (ドコサヘキサエン酸)は、不飽和脂肪酸の必須脂肪酸です。どちらも魚油の成分で、EPAは血栓を予防し、DHAは視力に関係するといわれています。



DHAやEPAは、アレルギー症状の原因物質であるヒスタミンの生成を抑制し、プロスタグランジンの体内量を低下させる作用があるとされています。プロスタグランジンは、アトピー性皮膚炎の痛みや炎症・発熱などの不快な神経シグナルを増強する作用があるとされている物質であることからDHAやEPAはアトピー性皮膚炎の改善効果を期待されているんです。



アトピー性皮膚炎を引き起こす原因にアラキドン酸の過剰摂取があります。アラキドン酸はDHAと同様に細胞膜をつくるリン脂質の脂肪酸のひとつで、脳、皮膚、血液などに存在し、特に脳の機能に重要な脂肪酸で、学習・記憶・認知能力を高める働きがあります。



アラキドン酸(ARA)は、肉や卵に多く含まれ、オメガ−6系の必須脂肪酸の一つで、主要な多価不飽和脂肪酸のひとつですが、過剰に摂取するとアレルギー症状を起こすロイコトリエン類、プロスタグランジン類などの原料となりアトピーなどのアレルギー症状を引き起こしてしまいます。



DHAやEPAは、アラキドン酸からできるロイコトリエン類、プロスタグランジン類の産生を妨害する事がわかっています。アラキドン酸は過剰に摂取しやすい脂肪酸であることから、アトピー性皮膚炎の予防・改善のためには意識して摂りたいのがDHAEPAであるといえます。

DHAとEPA サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。