スポンサードリンク

アトピーとセラミド

セラミドがアトピー性皮膚炎で悩んでいる人の皮膚では不足していることが確認されています。セラミドは、皮膚のバリア機能があり、外部刺激から皮膚を守っています。



セラミドが不足すると、水分を保つことができなくなりカサカサした状態になるだけでなく、バリア機能も低下し、外部刺激を受けやすくなり、いわゆるアトピックドライスキンとなることでアトピー性皮膚炎を引き起こす原因となると考えられます。



セラミドは、ヒトの皮膚の角質層に存在する脂質を構成する成分です。角質層は体内の水分が外へ逃げないように防いでくれたり、外部からの刺激や細菌の侵入などを防ぐ役割を果たしています。



この角質層は角質細胞が幾層にも重なってできていますが、その一つ一つをはがれないように接着剤のような役割をしているのが細胞間脂質という脂質、いわば油です。セラミドは細胞間脂質の主成分であり、約40〜60%以上を占めています。



セラミドは1950年代に米国の研究者が発見していたのですが、その機能について注目されるようになったのは1980年代になってからでこれからの研究成果が期待されている成分です。



セラミドが皮膚の角質層中で過不足なく存在するには、セラミドを生成する酵素である「グルコセレブロシダーゼ」「スフィンゴミエリナーゼ」と、分解する酵素である「セラミダーゼ」という3つの酵素の働きのバランスが重要であることがわかっています。



ところが、アトピックドライスキンにおいては、本来ならセラミドになるべきグルコシルセラミドとスフィンゴミエリンをセラミドではない他の物質であるグルコシルスフィンゴシンとスフィンゴシルホスフォリルコリンに分解する酵素が活性して存在するため、セラミドの生成に関する酵素バランスが崩れた結果、セラミドの生成量が少なくなり、細胞間脂質内のセラミドが減少してしまうことが分かったとされています。



アトピックドライスキンでは、水分量が少なくて乾燥しており、またバリア機能も低下しているため、アレルゲンが容易に皮膚に侵入しやすくなるだけではなく、温熱、発汗、衣服などの刺激に対して過敏に反応してしまいます。



この易刺激性が、アトピー性皮膚炎で見られる、そう痒を誘発し、掻破行動をとることにより、皮膚が傷つき、さらにバリア機能が低下する、といった悪循環を繰り返すことで、アトピー性皮膚炎の再発を助長していると考えられます。



また、セラミドを分解する酵素も発見されていて、2009年、井上豪・大阪大学教授と伊東信・九州大学教授らのチームは、緑膿菌が持つセラミド分解酵素が亜鉛イオンを使って分解していることが分かったと報告しています。



アトピックドライスキンに対する対処法としては今のところセラミドの補給が現実的なようです。セラミドを補給するには肌に直接塗付するのとセラミドを豊富に含む食品を努めて摂るかサプリメントとして経口摂取する方法があるようです。



アトピー性皮膚炎の対策にはセラミドも大切な要因といえそうです。

セラミド 関連商品 最新一覧 By 楽天



アトピーと紫雲膏 / アトピーとエバメール / アトピーとセラミド / ベルクミン / ステロイド外用薬 / ドリームワンクリーム

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。