スポンサードリンク

タヒボ茶

タヒボ茶がアトピー性皮膚炎の改善に効果があるようです。タヒボ(タベブイア・アベラネダエ)とは、ノウゼンカズラ科のタベブイアという種類に属する南米に自生する樹木です。パウダルコ、あるいは紫イペとも呼ばれています。



タヒボの樹皮にはフラノナフトキノン(FNQ:Furanonaphthoquinone)誘導体が含まれており、それのいくつかに、抗がん作用があるとして抗がん剤が開発されています。



このフラノナフトキノン(FNQ)誘導体のひとつの、ヒドロキシ−ナフト−フラン−ジオン(NFD)には、肺腺ガン細胞、結腸ガン細胞、乳がん細胞に対する抗腫瘍性があり、さらに、ヒスタミン遊離抑制作用が存在しているとされていて、タヒボ茶がアトピー性皮膚炎に対して効果があると考えられています。



タヒボには、ほかにも、17種類ものFNQ誘導体が存在することが、日本の医学者達により、発見され、その合成に成功して、癌学会で発表されています。



フラノナフトキノン(FNQ)誘導体は、多くの種類が存在していますが、そのごく一部のものが特異的にがん細胞のみに強力に作用し、正常な細胞に対しては殆ど害をもたらさないことが確認されています。



フラノナフトキノン(FNQ)誘導体は、がん細胞のミトコンドリアで大量の活性酸素を発生させ、がん細胞を破壊すると考えられています。それは、フラノナフトキノン(FNQ)誘導体と反応して活性酸素を生成するタンパク質が、がん細胞のミトコンドリアで特別に増えているからだと推測されています。したがって、ほぼ特異的にがん細胞だけを破壊すると考えられます。



また、フラノナフトキノン(FNQ)誘導体はある種のがん細胞に特別なタンパク質を発現させ、そのがん細胞がNK細胞の攻撃を受けやすくする働きもあるようです。



タヒボ茶は、ほかにも、七十種類以上の微量栄養素をバランスよく含んでいることで、アトピー以外にも様々な健康効果を期待できるとされています。



タヒボ茶を、原住民は膀胱炎、前立腺炎、便秘、大腸炎、胃炎、風邪、咳、流感、関節炎、リウマチ、糖尿病、カンジダ、乾癬、肝臓病、腎臓病、貧血、梅毒、マラリア、がん、さらに蛇の噛み傷にまで使用してきたとされています。

タヒボ茶 最新一覧 By 楽天



シジュウムとアトピー / ルイボスティーとアトピー / どくだみ / はと麦茶 / シモン茶 / タヒボ茶 / エキナセア
| タヒボ茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク







肌荒れの原因、シャンプーかも(--;)と思う方、必見→


肌荒れ、アトピー、アンチエイジングまで。NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」


定期注文ならこんなにお得に!アトピーでも使える「やさしいせっけんMUKU」をプレゼント!
メトセラATP ES-27クリーム



リピート率98%!アトピーでお悩みの方へ驚異的な支持!「サラヴィオ美容液」


『奇跡の肌砂糖』


赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」


一人で悩まず、みんなに相談!あとぴナビ


自分で出来る体質改善法・アトピーは「本当の原因」を絶て 植松式3ステップアトピー改善プログラム アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。